最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 南海地震対策に水陸両用バスを活用しよう | トップページ | 7月からの減災事業計画が実行されます »

2014年6月28日 (土)

高知市内の国道の標高表示に注目しましょう

Shomozizentaihyoukouizu1

 高知市街地の国道には標高表示がされています。海抜シールと言われています。特に低地(海抜2M以下)の市街地は、色刷りで高知市作成の「地震ハザード・マップ」で表現されています。
Saisin_zisin_hzmap_new_r

 この地域を自動車で走行したり、自転車や歩行している場合は、ぞの地域の「標高」を常に意識しましょう。

 観察していますと下知や高知町の大半では「5M」の表示が「高い」。3階建ての部位までの表示です。Futabatyou5mhyouzi_r


Hoiueityou5mhyouzi2_r

その表示は本町から上町へ来ると低くなり、旭町になるとなくなります。
5mhonmachi_r

5mmasugata_r


10masahimachi_r


 低地の市街地ではすぐに車から降り、最寄りのビルに駆け上がりましょう。そうしないと低地の高知市内の市街地では命は助かりませんから。

« 南海地震対策に水陸両用バスを活用しよう | トップページ | 7月からの減災事業計画が実行されます »

南海地震情報」カテゴリの記事

国政との関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高知市内の国道の標高表示に注目しましょう:

« 南海地震対策に水陸両用バスを活用しよう | トップページ | 7月からの減災事業計画が実行されます »