最近のトラックバック

カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 焼け跡に見る事態の深刻さ | トップページ | 第3回地域連携協議会・準備研究会を9日に開催します。 »

2014年4月 4日 (金)

完成した津波避難タワー

  高知空港近くの南国市大湊小南地区の津波避難タワーです。完成したようです。南国市は国や県の補助を受け、沿岸部の地域に14基の津波避難タワーを建設し、2014年3月31日までに完成しました。
Nangokutunamit_r

 鉄筋コンクリート製です。階段と斜路が取り付けられています。多くの住民の命が助かることと思います。
Nangokutunamitkanban_r

Nangokutunamitkaidan_r


« 焼け跡に見る事態の深刻さ | トップページ | 第3回地域連携協議会・準備研究会を9日に開催します。 »

津波避難施設について」カテゴリの記事

コメント

立派なタワーが完成しましたね。

ところで、実際の避難訓練は行われたのでしょうか?

他の町の深夜における避難訓練の実施により、想定外の問題点が複数浮き彫りになってきたとNHKテレビで放送してました。

箱ものが完成したからと言って、安心するのはどうかと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 完成した津波避難タワー:

« 焼け跡に見る事態の深刻さ | トップページ | 第3回地域連携協議会・準備研究会を9日に開催します。 »