最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 仁淀川町と二葉町との友好親善関係を再確認しました。 | トップページ | 徳島新聞に二葉町の活動が掲載されました。 »

2014年3月26日 (水)

津波避難タワーのメンテナンスは10年ごとに必要ですね

Tunamihinatawar1


 国土強靭化法や南海地震対策特別措置法の関係で、高知県沿岸部には110基の「津波避難タワー」と言う施設が急ピッチで建設されています。1基は小さいもので1億円。大きなものでは2億円ぐらいかかっています。

 津波の衝撃に耐えられるように、基礎を深く打ち込んでいます。取りあえずは沿岸部地域の住民には安心安全の施設になっているようです。

 心配なのは写真の津波雛タワーは亜鉛メッキ性であるということですね。沿岸部であれば、海塩粒子の影響は確実に受けますので、亜鉛メッキは消耗し、早ければ10年程度で錆が発生するでしょう。

 亜鉛メッキと相性が良く、防錆力がある防錆塗料を塗装する手立てをしておかないといけませんね。ちゃんたしたメンテナンスの計画をたてているのでしょうか?そのまで頭が回っていないようですね。

 10年なんて「あっと言う間」ですからね。安全・安心な施設というものは、人が住んでいる限りは永久に維持管理しないといけないのですから。

Tunamihinnatawar2_2


« 仁淀川町と二葉町との友好親善関係を再確認しました。 | トップページ | 徳島新聞に二葉町の活動が掲載されました。 »

防錆対策・防錆塗装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津波避難タワーのメンテナンスは10年ごとに必要ですね:

« 仁淀川町と二葉町との友好親善関係を再確認しました。 | トップページ | 徳島新聞に二葉町の活動が掲載されました。 »