最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 震災特集で二葉町を取材に来られました | トップページ | 第2回下知連携協議会・準備研究会について »

2014年3月 5日 (水)

二葉町防災世帯調査の分析

Bousaisetaityousa

 二葉町自主防災会としては、7年ぶりの「防災世帯調査」です。荒木副会長が集約し、取りまとめをされている最中です。いくつか7年前と異なっているそうです。

1)二葉町の世帯数が減少している。転居された人が多いようです。

2)高齢化比率が上昇している。(65歳以上)とするとなんと半数程度がが該当します。

3)今回の調査では、「病歴」「介護歴」のほかに、薬手帳や保有する省機材や資格なども記入いただきました。

4)二葉町内に医師と看護師が複数居住されていることが明らかになりました。

5)7年前に配置した、二葉町自主防災会独自の「津波一時退避場所」が適切かどうかのチェックは今後しなければならない。

6)今年は二葉町自主防災会指定の「津波一時退避場所」へ避難する訓練もしないといけない。それぞれの班ごとに無線をリーダーにわたして、公共避難場所である下知コミュニティ・センターへの交信を行い、安否確認をする必要がありますね。

7)将来地域「受援力」(支援を受けるため地域が何を必要とするのかを表現すること)をすべきです。
Bousaisetaityousa_2


 7年前と状況の変化を改めてつかまないといけないと思います。

« 震災特集で二葉町を取材に来られました | トップページ | 第2回下知連携協議会・準備研究会について »

南海地震情報」カテゴリの記事

防災世帯調査」カテゴリの記事

津波避難ビル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二葉町防災世帯調査の分析:

« 震災特集で二葉町を取材に来られました | トップページ | 第2回下知連携協議会・準備研究会について »