最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 徳島新聞に二葉町の活動が掲載されました。 | トップページ | 焼け跡に見る事態の深刻さ »

2014年3月30日 (日)

津波避難ビルへのお願いに行きました。

Aanabuki4_r

 3月29日の午前11時頃に、高知市役所地域防災推進課の下知担当の武内氏と藤岡氏と一緒にアルファステイツ知寄町4の管理組合主催の会合へ「津波避難ビルへのお願い」に行きました。会場は下知コミュニティ・センターでした。
Astiyorisoukai_r

 今回「津波避難ビルへのお願い」の説明が、入居者の皆様に少しだけ出来ました。今日がスタートになれば幸いです。

 管理組合主催の審議事項が終了し、ちょうど呼び出された時間帯は、郷土代表明徳義塾高校の試合の後半戦。気になってはいましたが、説明が終わり、下へ降りて下知CCの藤村さんに聞きますと、「3-2で勝ちました。」とのことです。幸先が良いと思いました。

 二葉町自主防災会では、自宅から50メートル以内に津波一時避難(退避)場所を現在11か所こしらえています。あと数か所こしらえるつもりです。アルファステイツ知寄町4は耐震性のある建物だけに、津波避難ビルになっていただければ幸いです。

 二葉町では地震発生後5分以内にもよりの「津波一時避難(退避)施設」の3階以上に駆け上がります。自宅が3階以上の人達はそのまま自宅で籠城。津波一時避難(退避)施設へ避難した各班のリーダーと、二葉町災害対策本部の置かれている下知コミュニティ・センターとは携帯無線で交信。安否確認と安全の確認を行い、避難収容施設である下知コミュニティ・センターへ避難します。それが二葉町の避難誘導体制です。
Aanabuki1_r

 簡単に入居者の皆さんのすべてに津波避難ビルへのご理解はすぐには無理でしょうが、同じ二葉町町民として将来交流ができることをのぞんでいます。

 南海トラフ巨大地震が高知で起きれば、高知市の大半は海底に沈みますので。
100nenmaenikochi


« 徳島新聞に二葉町の活動が掲載されました。 | トップページ | 焼け跡に見る事態の深刻さ »

南海地震情報」カテゴリの記事

二葉町町内会」カテゴリの記事

津波避難ビル」カテゴリの記事

津波避難施設について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津波避難ビルへのお願いに行きました。:

« 徳島新聞に二葉町の活動が掲載されました。 | トップページ | 焼け跡に見る事態の深刻さ »