最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« もしもの時に度数を調整できるメガネ | トップページ | 平成25年度高知市災害対応石油ガス懇談会 »

2013年12月 3日 (火)

古地図では下知は荒れ地と田畑でした。

Furutizu1_r


 昔の高知市の地図のコピーを島本茂雄さんからいただきました。明治時代の高知市市街地のようですが、下知地域は。あれ地と田畑でした。

 敗戦後の昭和20年代もそうでした。急速に市街形成をしていくのは、昭和30年代後半から50年代にかけてです。さらに平静になり、やえもん地区の区画整理事業まで導入し、低地の土地の市街化形成を高知は行ってきました。

 地盤も土地も低いということを覚悟しないといけません。

Furutizu2_r

 昔は「宝永堤」という堤防道路があり、それから外には市街化しないというもくろみがあったようです。全然無視され今日に至っていますね。

« もしもの時に度数を調整できるメガネ | トップページ | 平成25年度高知市災害対応石油ガス懇談会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

南海地震関係」カテゴリの記事

南海地震情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古地図では下知は荒れ地と田畑でした。:

« もしもの時に度数を調整できるメガネ | トップページ | 平成25年度高知市災害対応石油ガス懇談会 »