最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 広報下知減災3号が発刊されました | トップページ | 3回目の消毒作業 »

2013年8月 3日 (土)

10月以降はせわしくなります。

10月から来年1月までの防災活動

 二葉町自主防災会からのお知らせです。下知コミュニティ・センターを利用しての防災講演会を2回予定しています。

1)「阪神大震災から18年 市民の目線から見た神戸市長田区の復興・復旧について」

  講師 石井弘利氏(石井自転車商会・鷹取商店街振興組合理事長)

 市民の目線で見た長田の復興・復旧の18年。何が問題であり、将来起きるであろう南海トラフ巨大地震への教訓は。二葉町自主防災会は2008年10月に長田区鷹取地区を訪問し、地域の皆様と意見交換会を行っています。

 実施予定日 2013年11月8日(金曜日)午後6時半より

 下知コミュニティ・センター4階大ホール

2)「低地の下知を浸水や液状化の恐怖から救うために」巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体構造物が下知を救う。


   講師 小谷鐵穂氏(カフェ・ピッコロ・元橋梁施工技術者)

 橋梁メーカーに40年勤務されていた土木技術者である小谷氏。巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体構造物を考案していただきました。施工は簡単であり、メンテナンス費用もかかりません。施工費用も他の避難設備から言えば安価です。
 南海トラフ巨大地震が発生すれば、同時に0メートル地域全体が地盤沈下するという高知市下知地域。多数の人々の命を救う具体的な解決策を提示し、意見交換を実施します。

 実施予定日  2013年12月5日(木曜日) 午後6時半より

 下知コミュニティ・センター4階大ホール

 また中宝永町防災会の黒岩さんが、西田政雄さん(防災寺小屋)の防災講習会を4回企画されています。メニューは「家具転倒防止講座」「窓ガラス飛散防止講座」「日用品でそろう防災用品」「耐震補強工事の良心的な業者の見極め方」などです。

 講習会予定日が決まりました。10月31日、11月15日、12月6日、1月24日です。いずれも金曜日の午後6時からで、場所は下知コミュニティ・センター4階多目的ホールです。

 また坂本茂雄さんのマンション自主防災会の企画で、石巻市からの講演者を招へいしてか¥講演会を開催する予定とか。来年1月26日(土曜日)と聞いています。

 手帳にマークしておいてください、また皆さんの予定とダブらないご配慮をお願いします。

« 広報下知減災3号が発刊されました | トップページ | 3回目の消毒作業 »

南海地震情報」カテゴリの記事

二葉町町内会」カテゴリの記事

下知減災連絡会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月以降はせわしくなります。:

« 広報下知減災3号が発刊されました | トップページ | 3回目の消毒作業 »