最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 阪神大震災から18年 | トップページ | ヤッシー・命山構想は合理的 »

2013年1月18日 (金)

船を応用した津波シェルター

Zousenstetu

 私たちは、高密度の発泡スチロールをベースにしたメガフロート(浮体構造物)を提唱しています。
 こちらは。造船の技術を応用した設置式の大型津波避難シェルターであるそうです。岡山県の海のお仕事をされておられる人からの情報です。

 ハッチは気密性を保てるのか。鉄製と言うのであれば防錆対策はきちんとしているのか。海の近くに設置すれば10年毎に防錆塗装をしないと強度は維持できないでしょう。出入り口のメンテナンスも必要です。

 中国新聞1月11日号にも掲載されていました。

http://www.chugoku-np.co.jp/Disaster/An201301110180.html

 高知県庁が提唱している「地下室型津波避難シェルター」より幾分「まし」なように思います。

« 阪神大震災から18年 | トップページ | ヤッシー・命山構想は合理的 »

南海地震情報」カテゴリの記事

巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船を応用した津波シェルター:

« 阪神大震災から18年 | トップページ | ヤッシー・命山構想は合理的 »