最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 下知コミュニティ・センター運営組織準備会 | トップページ | エリアメールは来ましたが、着信音は鳴りませんでした。 »

2012年12月 2日 (日)

だんだんの里・長者でのキャンドルナイトへ行きました

 12月1日は、今年から二葉町として交流しています仁淀川町長者地区の[キャンドル・ナイト」へ行きました。二葉町自主防災会副会長ご夫妻と、そのご友人と私と4人で、午後1時二葉町を出発しました。

 午後3時前に仁淀川町長者地区の会場へ到着しました。午後1時からは集落活動センターだんだんの里の開所式もあり、高知県知事が来られていたようでした。
Crotrenn041_r

 大銀杏前の広場や道路を隔てた空き地には、テントが張られ、椅子も設置され、ステージもこしらえられています。だんだんクラブの主催です。キャンドルナイトは2007年から始まり今回で6回目とか.。その企画運営者である中島前だんだんクラブ会長が挨拶されています。
Nakazima3_r


 地元の皆様が地元食材を販売されていました。
Cityounoki43_r


C12_r


 お蕎麦は棚田で栽培されたといいます。それをそば粉にして、地元有志の皆様が山菜そばをこしらえて販売されています。現地は寒かったので大人気でした。2杯食べました。
Csobauchi2_r


Csobauchi4_r

 また棚田でこしらえたもち米を精米し、杵で餅をついて即売していました。もち米も販売していました。
Cmoxhituki6_r
 ついたばかりのお餅も食べました。大人気でした。
Tikitatemochi52_r


 おでんも炭火であぶり、お味噌をつけた素朴なものでした。
Odenn1_r

 午後3時半ころからは、キャンドルナイトに使用するロウソクの入った瓶を棚田に設置する作業を一部お手伝いしました。6月1日にだんだんクラブの皆様に田植えのお世話になり、また11月4日には二葉町有志にて芋掘り会を実施しました。そのあたりの棚田のあぜに設置していきました。
Csextushi17_r


Csextushi256_r


Csextuchi3_r

 そして午後4時半からは、着火マンをめいめいが持って棚田に設置したロウソクに点火していきます。ことしは2012本のキャンドルに点灯されました。
Ctenka13_r


Ctenka271_r


Ctenka373_r


Ctenka70_r

 大石仁淀川町町長も点火式をしていました。
Ooishityoutyou7_r

 長者小学校4年生の子供神輿も繰り出しました。そしてステージで合唱をしました。
Kodomomikoshi9_r


Kodomotati80_r

 だんだんクラブの皆様がサポートして棚田でのコメ作りをされていましたが、その様子を書いた作文が高知県や全国で入選されたそうです。表彰もしていました。その朗読もしていました。
Sakubunhyoushousiki4_r

 だんだんと暗くなると棚田のキャンドルナイトは綺麗になります。

Cn01_r


Cnaoto11_r


Ctenka373_r_2


Cn0043_r


Cnyoru05_r


 ステージでは音楽も披露されていました.夜になってもなかなかの賑わいでした。
Cnyoru05_r_2

 散々堪能して午後6時半ころに帰りました。参加者一同感動しました。

 紅白のお餅もいただきました。餅まきは高齢者には危険なのでお配りされているようです。
Moxhimoxigome9_r


 12月6にちから集落活動センターだんだんの里は営業を開始します。当座は地元の食材を活用したモーニング・サービスからやっていくようです。

« 下知コミュニティ・センター運営組織準備会 | トップページ | エリアメールは来ましたが、着信音は鳴りませんでした。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

仁淀川町ー二葉町との交流事業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だんだんの里・長者でのキャンドルナイトへ行きました:

« 下知コミュニティ・センター運営組織準備会 | トップページ | エリアメールは来ましたが、着信音は鳴りませんでした。 »