最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 徳島県立防災センターへ行きました。 | トップページ | 12月3日に県が情報伝達訓練をします。 »

2012年11月19日 (月)

支援受け入れの訓練も今後は必要です。

11月18日の二葉町自主防災会主催の「徳島防災センター研修]は、参加者一同「ためになった。」とご評価いただきました。しかし課題は「若い人たちの参加が少ない。」ということでしょう。

 学校行事や仕事などが忙しいことは理解できますが、大災害はいつ起きるのかわかりません。「想定体験」も大事です。今後の参加が期待されます。

 昨日は同時刻に大変大事な防災訓練が高知市種崎地区で行われていたそうです。

 愛媛県今治地区の自主防災会の人たち70名が、高知市を訪問、種崎地区の自主防災会の人たちと合同炊き出し訓練を種崎津波避難センターで実施したようです。昨日は仲介役の防災寺小屋塾頭の西田政雄さんは、二葉町のセミナーに来られていたので、高知の防災活動の重鎮である中岡久幸さんが、仕切り役で実施されたと聞きました。

 今治市の自主防災関係者は、高知市が南海地震で甚大な被害を受けたと想定して、「支援の防災訓練」をされたと伺いました。大変先進的で素晴らしい取り組みです。

 2009年10月11日に青柳公園で今治市の自主防災会の皆様と合同炊き出し訓練をしましたが、以後交流は西田政雄さんを通じて継続されているようです。

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-aab1.html

写真は2009年10月に行われた「合同炊き出し訓練」の様子です。
Yakitori2_r


Aktuotataki_r


« 徳島県立防災センターへ行きました。 | トップページ | 12月3日に県が情報伝達訓練をします。 »

自主防災会同士の交流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 支援受け入れの訓練も今後は必要です。:

« 徳島県立防災センターへ行きました。 | トップページ | 12月3日に県が情報伝達訓練をします。 »