最近のトラックバック

カテゴリー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 第9回(仮称)下知市民図書館運営組織設立準備会が開催されました。 | トップページ | 仁淀川町・長者地区で交流芋掘り会を実施しました。 »

2012年10月23日 (火)

水陸両方バスの開発が高知市住民を救います。

 高知市出身のFI用レーシングカー設計者高村卓志(ドイツ在住)さんの提案事項。
普段は水陸両用観光バスで活用。災害時には、罹災者救命艇になる。大量生産製品ではないので高知県でも製造可能である。高知が元気になり、災害対策にもなる水陸両用バスはユニークである。通常観光バスが3000万円。水陸両用バスは1億円程度。

 ドイツからこのたび絵葉書を送っていただきました。普段は観光用の水陸両用バスとして活用します。災害時には避難ボートになります。

 F1車といえば大排気量のただ速い車を連想しますが、安全性や経済性も考慮するので、いろんな発想が出てくるそうです。エアバックなどもその開発のなかから生まれたものだと高村氏は言います。燃費の向上もそうですし、最近では電気自動車やエコカーの開発もされているそうです。」。
 
 ドイツで津波被害をテレビで目の当たりに見られた高村さんが、低地市街地の高知市を想定した発想をご披露されました。大事にしたいと思います。
Takamurasb2


« 第9回(仮称)下知市民図書館運営組織設立準備会が開催されました。 | トップページ | 仁淀川町・長者地区で交流芋掘り会を実施しました。 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

南海地震情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水陸両方バスの開発が高知市住民を救います。:

« 第9回(仮称)下知市民図書館運営組織設立準備会が開催されました。 | トップページ | 仁淀川町・長者地区で交流芋掘り会を実施しました。 »