最近のトラックバック

カテゴリー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 高知市周辺の現地視察と県・市防災部署と意見交換しました | トップページ | 仁淀川町・長者地域のだんだんクラブの皆様に棚田の田植えの指導をしていただきました。 »

2012年5月31日 (木)

二葉町自主防災会指定・津波一時避難場所(コーポ・シーロード)に防災倉庫を移転しました。

Futababousaimap


 高知市二葉町自主防災会では、2006年12月に発足以来、町民が徒歩で5分以内に、いわゆる「津波避難ビル」を独自に指定してきました。2007年度には二葉町内10箇所の「津波一時退避場所」を設置しています。→「防災マップ作り」参考。
 それは建物の持ち主(施主)と二葉町自主防災会・二葉町町内会の3者での協定書を締結しています。南海地震が発生したら、ただちに二葉町町民各位、特に3階建て以下の住宅に居住している住民は、二葉町自主防災会指定の「「津波一時退避場所」に退避していただくことになっています。

 こちらのコーポ・シーロード(二葉町17-24)は、鉄骨構造の6階建て。もともとはビジネス・ホテル。現在は賃貸マンションになっています。
Csr28_r


Csr137_r

 オーナーの森崎さんは大変協力的。マンションの各所に「重要告知」という張り紙をしていただいています。
Csrhyouzi5_r

 マンションの屋上部です。南北の両側にあり広いです。100人は収容できます。
Csruradowan231_r

 5階の空き部屋です。災害時には、お断りをして使用させていただくかもしれません。(今後のために施主様と二葉町自主防災会との間で、きちんと事前協議が必要であると思いました。)
Hinansuopesu_r

 地上に置いてある二葉町自主防災会の防災倉庫をこちらのスペースへ移転します。許可をいただきました。とてもありがたいことです。

管理人の楠瀬さんにもお手伝いいただきました。二葉町自主防災会有志が地上(海抜0メートル)に置いてある2箇所の防災倉庫ごと、コーポシーロードの6階部(屋内)に移設する作業をしました。

 現在は道路と同じ0メートル。濱口さんのご協力で、いままで設置させていただいていました。
Bousaisouko1_r

Ghamagutibousaisouko17_r

 もう1つの防災倉庫は、中西さん宅のお庭に設置していました。そちらもあわせて、コーポ・シーロード6階部のスペースへ移動しました。
Bousaisouko28_r


 防災用品を取り出し、コーポシーロード6階部へ運びます。
Bousaiyouhin79_r


 エレベーターも利用して4階部まで運搬しました。それから6階部までは階段を利用して運搬します。
Unpane18_r


Kaidann180_r

 防災用品(油圧ジャッキ・つるはし・ヘルメット・ゴミ袋・飲料水(あと2年保存可能)・飲料水用タンク。粉末消火器・消化用バケツ・割り箸・炊飯用袋・)などを搬入させていただきました。
Bousaisoukoitennkanryou1_r

 屋上部は南北2箇所あります。南側は堀川から、浦戸湾が望めます。
Okuzixyouhorikawa_r


Ohorikawa25_r


Okuzixyou13_r


 北側は新・下知図書館他二葉町市街地を見下ろせます。
Okuzixyoukitamenn_r

Csrhigashi27_r


 二葉町自主防災会幹部とも現地で話しましたが、こちらの津波避難ビルでは、屋上に「もしも」の時には、100人程度避難することは可能です。

 県道宝永町ー種崎線より南側の二葉町町民は、コーポシーロードに津波一時退避場所として活用できます。心強い津波避難ビルです。ありがたいことです。

« 高知市周辺の現地視察と県・市防災部署と意見交換しました | トップページ | 仁淀川町・長者地域のだんだんクラブの皆様に棚田の田植えの指導をしていただきました。 »

南海地震関係」カテゴリの記事

防災備品の管理」カテゴリの記事

二葉町町内会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高知市周辺の現地視察と県・市防災部署と意見交換しました | トップページ | 仁淀川町・長者地域のだんだんクラブの皆様に棚田の田植えの指導をしていただきました。 »