最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 寒い中での資源・不燃物ステーションの管理は大変です »

2012年1月 3日 (火)

対南海地震ー町ごと疎開計画が讀賣新聞に掲載されました

Yomiuri103gutaba

 2012年1月3日付けの讀賣新聞12面、くらし・家庭面にて「南海地震・・・町ごと疎開計画」「高知・二葉町 平時から親交信頼築く」と記事が大きく掲載されていました。

 昨年12月25日に讀賣新聞大阪本社記者の岩井孝夫氏が、わざわざ高知市二葉町を訪問され、二葉町自主防災会役員有志と懇談し、取材をされました。事前に高知市五台山からの高知市街地の眺望や、高知市街地や二葉町もまち歩きも体験していただきました。

 1月3日の記事では、震災後高台へ移転を決められた町の町内会の取り組みも紹介されていました。まだ南海地震が襲来していない高知市二葉町ですが、もし襲来すれば「ひとたまりもない」二葉町なのです。

 規模の小さいといわれた1946年の昭和の南海地震時でも二葉町全域が地盤沈下し、水没。長期浸水状態になり約三ヶ月それは続きました。

 次回近い将来起きるであろう南海地震は、内閣府の有識者会議での想定見直しが年末に公表されました。それによると被害は想定できないほど甚大になりそうです。はたして地域で生き残れるのかも疑問です。

 「震度7の揺れ」「液状化」「地盤沈下」「火災」「津波」「長期浸水」の6重苦の海抜0メートルの高知市二葉町。自主防災会で自主的に施主とで決めた「津波避難ビル」に一時的に避難しても、たちまちその後の生活も仕事も出来ない状態になります。高知市全域が水没していますから。

 昨年から津波が絶対に来ない山間部の仁淀川町との交流事業を始めました。経済交流や観光への支援などを二葉町なりに考案し、実行してきました。

 参考ブログ記事 仁淀川町二葉町交流会 関連

 しかしいまだ交流の段階であり、具体的に仁淀川町の施設を二葉町側が一時疎開時に借用する話にはなってはいません。当然高知市役所、高知県の関与も必要であり、仁淀川町の公共施設を管理されておられる仁淀川町役場との折衝も必要です。

 「前例のない事業」を推進するゆえの苦労も当然あります。近い将来必ず起きるであろう南海地震を想定した地域活動を推進していく以外に方策はないと思うからです。
Shimozissinsui1946

(1946年12月21日に起きた昭和南海地震。写真右手が二葉町方面です。三ヶ月浸水したままでした。当時は荒地と田畑が大半だった二葉町。今は市街化し、家屋が密集しています。)

Simoziima


« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 寒い中での資源・不燃物ステーションの管理は大変です »

南海地震情報」カテゴリの記事

自主防災会の交流事業」カテゴリの記事

高知市地域防災推進課」カテゴリの記事

仁淀川町ー二葉町との交流事業」カテゴリの記事

二葉町町内会」カテゴリの記事

高知県危機管理部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対南海地震ー町ごと疎開計画が讀賣新聞に掲載されました:

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 寒い中での資源・不燃物ステーションの管理は大変です »