最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月20日 (火)

大型台風15号接近中

 四国・関西。紀州。名古屋。東海方面の皆様。台風対策はおすみでしょうか?かくいう私ものんびりしておりました。ところが再ほど15時30分の気象庁公表の台風15号情報を見て仰天。ずっと975HPの台風が、なんと950HPに発達しています。
Taifuu15gou


台風第15号 (ロウキー)
平成23年09月20日15時45分 発表
<20日15時の実況>
大きさ -
強さ 強い
存在地域 種子島の南東約190km
中心位置 北緯 29度20分(29.3度)
東経 132度20分(132.3度)
進行方向、速さ 北東 15km/h(7kt)
中心気圧 950hPa
中心付近の最大風速 40m/s(80kt)
最大瞬間風速 60m/s(115kt)
25m/s以上の暴風域 全域 110km(60NM)
15m/s以上の強風域 南東側 520km(280NM)
北西側 370km(200NM)

 台風の進路方面、進行方向の東側の地域は大雨と暴風雨、高潮に厳重な警戒が必要です、秋台風はパワーがありますので。

2011年9月 9日 (金)

9月度の二葉町資源・不燃物ステーション

  高知市二葉町町内会の資源・不燃物ステーションは午前6時から下知市民図書館前で行なわれています。

F90901_r


F909002_r


F909003_r

 高知市方式というらいいのですが、ビン類は、透明、黒・茶、青とかに細かく分類しています。住民がここまでやっているのですので、市役所の中間処理業務は軽減化されているとのことです。

2011年9月 7日 (水)

高知市危機管理室との懇談

 9月6日は、あらかじめ予約をして午後2時から高知市危機管理室をお訪ねしました。安心・安全センターの入り口付近で偶然岡崎誠也高知市長に遭遇。雑談をしました。

市長「仁淀川町との交流をされておられるとか。ちと遠いね。高知市の山間部である土佐山や鏡との交流もされたらえいですよ。」

「高知市民11万人が津波と水没の脅威に晒されているので、都市の移転を公約にぶちあげてくださいよ」

市長「そらまたおおきな話だわな」とのこと。

 懇談は高知市危機管理室浜田係長、青木主査、防災寺小屋塾頭の西田政雄さんとで行ないました。私のほうから、最初に仁淀川町との経緯を説明し、現状は地域の人たちとの交流は今ひとつ。」問題なのは仁淀川町役場とのコンタクトをしていないことでした。今後は必要なので、高知市側からも打診や調査をしていただきたいとのことを申し上げました。

 西田政雄さんは出身が仁淀川町(旧池川町)。ご両親や親族が地元におられるので地元情報は豊富です。長年防災問題での地域住民と行政との関係を神戸市長田区や新潟中越地震の罹災地の方々との交流から導かれる見解もあります。

「仁淀川町もそうですが、山間部の町村で二葉町の町民が疎開して使える施設は公営施設など限られ数は多くはない。そうなると高知市から仁淀川町へ仁淀川町所有の公営施設の借用について事前協議をしないといけない。

 また廃校を活用するにしても改修費用をどうするのか、といった問題があります。
また民間の手入れの行き届いた家で年簡2~3回しか戻っていない状態ではなかなか他人には貸してはくれません。それが現実なのです。」と西田政雄さん。

 浜田係長は、「市役所がわとしても前例がない事業です。とはいえ大震災が起きてからの対応では後手にまわります。事前の周辺市町村を調査してみます。」とのことでした。

 少しの前進がありました。   

2011年9月 1日 (木)

日本経済新聞にも掲載

今日は「防災の日」。1923年9月1日に起きた関東大震災の教訓を忘れない日です。なでしこさんたちの大事なアジア予選の初戦です。結果はスポーツニュースで見ましょう。

 そして午後10時からはNHKスペシャル「巨大津波が都市を襲う~東海 東南海 南海地震~ 」を見てください。自分の地域にひきつけて考え行動してください。

http://www.nhk.or.jp/special/onair/110901.html

 今朝の日本経済新聞社会面42面の多重被災ー防災力を高めるという連載記事。「長期避難を覚悟」とある見出しの後にこう書かれてありました。
「東南海、南海自身の危機と向き合う高知市二葉町地区の住民は、長期浸水した際の集団疎開を念頭に、備えの強化に動く。東海地震も加えた3地震が連動した場合、地区全体が2メートル沈下し,約1ヶ月間は水に漬かると高知県が予測したためだ。

 地区の自主防災会は震災意向、山間部の同県仁淀川町との交流を本格化。手始めに同町で栽培する野菜を地区内で販売する計画を進める。同会会長の森宏さん(77)は「長期避難も覚悟し、支えあいを備えにつなげたい」と話している。」(日本経済新聞 2011年9月16日社会面42面)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »