最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 東北・関東大地震の教訓をどう活かすのか | トップページ | 二葉町自主防災会役員会が開催されました  »

2011年3月13日 (日)

二葉町自主防災会 今年の取り組み

 今年で結成年目の二葉町自主防災会です。ようやく町内の防災拠点の1つとなる下知市民図書館の立替が決まりました。来年度末(2013年3月末)までには完成できるでしょう。

 耐震構造の建築物ですので、災害時の緊急避難所機能にもなります。完成後は「本当の避難・救援訓練」が実施できます。

 今年は、阪神大震災時に出来た淡路島の野島断層と地震記念館の見学に行こうかと計画しています。それと町内まち歩きの実施です。危険箇所のチェックと、いざというときの津波退避場所の確認作業です。

 それと家具転倒防止とガラス飛散防止フィルム貼りの実習講座を実際に町内の家屋でやります。

 とにかく地震で家具が転倒したりして、自分が怪我しないことがまず先決です。

「地震の揺れ」「地盤沈下」「津波」「液状化」の4つのリスクの高い高知市二葉町です。乗り切るためには、何よりも自分が怪我しないことが大前提です。

« 東北・関東大地震の教訓をどう活かすのか | トップページ | 二葉町自主防災会役員会が開催されました  »

二葉町自主防災会行事」カテゴリの記事

南海地震関係」カテゴリの記事

コメント

 二葉町自主防災会・情報班長の西村です。連絡ありがとうございました。
 以前NHKさんとは、自主防災会結成当時は、内さんが丁寧に取材いただいていました。

http://futaba-t.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_fd81.html

 結成して今年は5年目の二葉町自主防災会。今後ともよろしくお願いします。

突然メッセージを差し上げて失礼致します。
NHK高知放送局でディレクターをしております石田と申します。

現在私どもでは東日本で発生した大震災を受け、近い将来発生すると見込まれる南海地震にどう備えるかについて考える番組を制作できないか考えております。

それにあたり、ブログで二葉町自主防災会の取り組みについて拝見し、
これまでの取り組みと今回の地震を受けて今後どのような活動をされるのかについてお話を伺えればと考え、ご連絡を差し上げた次第です。
つきましては、お手数ではございますが以下にご連絡を頂けませんでしょうか。

お忙しい中大変恐縮ですが、ご検討よろしくお願い申しあげます。
取り急ぎ用件のみにて失礼いたします。

-------------------------------------------
NHK高知放送局
ディレクター 石田紀一郎(Kiichiro Ishida)
〒780‐8512 高知市本町3-3-12
TEL:088-823-9583
FAX:088-823-9550
ishida.k-fs@nhk.or.jp
-------------------------------------------


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二葉町自主防災会 今年の取り組み:

« 東北・関東大地震の教訓をどう活かすのか | トップページ | 二葉町自主防災会役員会が開催されました  »