最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 南海地震長期津波対策検討会が発足 | トップページ | 大型台風が四国を伺っています »

2010年10月19日 (火)

下知市民図書館はなぜ早期に建設されないのか?

Simozitrekishi


 下知市民図書館ですが、何故か建設されようとしていません。

 上の経緯を書いた資料は、西田政雄さんが、高木妙市会議員から入手されたものです。
画像が小さくて読みにくいと思います。(画像をクリックすれば少しは拡大します。)

 PDFファイルにもしました。

「simoji.pdf」をダウンロード

 「財政難」を理由に先送りされてきた経緯がよくわかります。

 しかし高知市下知地域は、1946年の昭和南海地震で地域全体が水没しています。

 昭和南海地震の記録。
 想定される南海地震では、地域全体が2メートル地盤沈下するといわれていまして、2メートルから5メートル長期間水没すると南海地震長期浸水対策検討会で報告されているようです。

Shinsuihigaiyosoukouchinews


 (高知新聞2010年10月15日朝刊・30面より)

 二葉町には高台も耐震構造の公共建築物は皆無です。

« 南海地震長期津波対策検討会が発足 | トップページ | 大型台風が四国を伺っています »

下知市民図書館改築問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下知市民図書館はなぜ早期に建設されないのか?:

« 南海地震長期津波対策検討会が発足 | トップページ | 大型台風が四国を伺っています »