最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月28日 (木)

中宝永町自主防災会の防災倉庫

  9月に中宝永町自主防災会(会長・黒岩博氏)が名実ともに発足しました。高知市危機管理室から、設立のための交付金も供与されました。

 城見公園内に大きな自主防災会の倉庫が設置されています。立派でうらやましい限りです。

Nakahoueityousiouko2_r


Nakahoueityousouko1_r


2010年10月27日 (水)

大型台風が四国を伺っています

Typhe1027_2


 季節外れの大型台風14号が、週末には沖縄・奄美地方から四国方面を伺う不気味な動きをしています。

 今年は猛暑で日本近海の海水温も高いため、日本へ近づいても勢力が衰えません。

気象庁台風情報

 高知市下知地域の二葉町は、地域の海抜が0・2メートルです。大雨が降れば浸水の可能性があります。台風情報には細心の注意が必要です。

 また25日にはインドネシアのスマトラで大きな地震がありました。

 津波で村壊滅、死者113人 スマトラ沖地震(47ニュース)

2010年10月19日 (火)

下知市民図書館はなぜ早期に建設されないのか?

Simozitrekishi


 下知市民図書館ですが、何故か建設されようとしていません。

 上の経緯を書いた資料は、西田政雄さんが、高木妙市会議員から入手されたものです。
画像が小さくて読みにくいと思います。(画像をクリックすれば少しは拡大します。)

 PDFファイルにもしました。

「simoji.pdf」をダウンロード

 「財政難」を理由に先送りされてきた経緯がよくわかります。

 しかし高知市下知地域は、1946年の昭和南海地震で地域全体が水没しています。

 昭和南海地震の記録。
 想定される南海地震では、地域全体が2メートル地盤沈下するといわれていまして、2メートルから5メートル長期間水没すると南海地震長期浸水対策検討会で報告されているようです。

Shinsuihigaiyosoukouchinews


 (高知新聞2010年10月15日朝刊・30面より)

 二葉町には高台も耐震構造の公共建築物は皆無です。

2010年10月13日 (水)

南海地震長期津波対策検討会が発足

10月12日「南海地震長期津波対策検討会」が国や県などの防災対等者が参加し開催されたとか。記事によると高知市内の南海地震時の津波浸水地域は2200ヘクタール。該当地域に居住する市民は15万人。浸水の深さは最大2・7メートルだそうだ。

 別の防災講習会で対策検討会の委員である岡村眞高知大学教授と面談し、高知市二葉町の予想被害を聞いた。「南海地震の予想震度は7。二葉町は最大2メートル地盤沈下する。防潮堤が倒壊すれば、3分で海水が進入する。更に30分後に2メートルの津波が来る。4メートル以上の建物に居ないと生存できないだろう。」

 地域の防災拠点として22年度完成予定であった下知市民図書館は、高知市の財政難を理由に25年度以降に遅延し、未だに高知市は着工時期すら住民に回答していない。

 一方で9月定例市議会では、緊急性のない県立と市民図書館の合築問題、市営球場の夜間照明施設が論議になる始末。地震時長期浸水する地域の高知市民15万人の生命の安全はどうなることか。

 県知事、高知市長、高知県議会、高知市議会は、浸水想定地域に居住する15万人の県民の安全を第1に考慮したまちづくりの議論をしていただきたいものです。産業振興も観光振興も地域の安全・安心があればこその話ではないだろうか。
Sinsuitizukouchicity


 二葉町は南海地震では2メートルから5メートルの浸水地域になるようです。高さ4メートル以上の建物、つまり3階建て以上の建物に避難しないと安全ではありません。

2010年10月10日 (日)

防災講習会と市会議員との懇談会

 このたび二葉町自主防災会では、下記日程にて、「家具転倒防止対策・ガラス飛散防止対策」講習会と、下知図書館を防災拠点に改築することに対して熱心な高知市議会議員の皆様との懇談会を実施することにいたしました。
 大変大事な講習会と懇談会ですので、出席をよろしくお願いします。

                                              森宏(二葉町自主防災会会長)

(開催日)       平成22年11月20日(土曜日)

(会場)         下知消防分団1階会議室

(防災講習会)     午後2時から午後4時半頃(講師 防災寺小屋 西田政雄氏)

            家具転倒防止講習会・ガラス飛散防止講習会
            飛散防止フィルム貼りの練習をします。
            小窓や額縁などを持参できる人は持ち込んでください

(市議との懇談会)   午後5時から午後7時頃迄

            「遅延している下知市民図書館の早期改築を探る対話会」

            出席高知市議会議員 

                      上田貢太郎氏 (自民みらいの会)
                      高木妙氏   (公明党)
                      細木良氏  (日本共産党)

* 地元サーパス知寄町1自主防災会で活躍されている坂本茂雄県議も出席予定です。

2010年10月 9日 (土)

高知市より補助金が交付されました

Hojiokinkoufusyo


 ようやく高知市危機管理室に4月末に申請していました補助金交付決定書が来ました。でもこれは、先にお金が交付されるのではありません。

 これから二葉町自主防災会が活動(家具転倒防止講座・ガラス飛散防止講座)を行い、以後町内でかつどうするにあたり備品の購入費用となっています。

 具体的には11月20日(土曜日)に下知消防分団会議室にて、「家具転倒防止講座」「ガラス飛散防止講座」を実施します。

 そして下知市民図書館の改築問題に熱心に取り組まれてきた3人の高知市会議員と地元自主防災会で活躍されている県会議員との対話懇談会も実施する予定です。

 そのあたりの告知は後日行います。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »