最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月17日 (日)

阪神大震災から15年

 今日1月17日は阪神大震災が起こった日です。あの日も今日のように寒い日でした。当時高知市も震度4を記録しています。しかし自宅(情報班長の)は発表された震度以上の揺れを感じました。寝室に置いてあった書棚が倒れそうになり、必死で押さえていた記憶があります。

 阪神大震災後の凄惨な画像記録が公開され、多くの震災犠牲者が自宅の下敷き、家屋の下敷きで亡くなったり、負傷したことを知りました。家屋の下敷きで怪我をして身動き出来ないところに火災が迫り焼死したひとも多くあるようにも聞きました。

Nagata

 想定される高知市の南海地震の規模は震度6強。低地で軟弱地盤の高知市下知地域の二葉町は震度7が予想され、地盤が1メートル以上沈下(二葉町は海抜0メートル地帯)浸水も予想されています。

 家屋の倒壊、家具の転倒があり脱出できなければ、火事の危険性とともに浸水の脅威もあるのです。

Kagutentou

 二葉町自主防災会は2006年12月18日に発足しました。2007年に高知市防災対策課(現危機管理室)へ登録申請し、2008年の防災備品倉庫を設置。町内「防災マップ」の作成もしました。

 2008年10月には、阪神大震災で大きな被害を受け、力強く再建されておられる長田区鷹取町内会の皆様を現地にて交流をし、貴重なお話を聞きました。防災訓練や講習会も開催しました。

 しかしまだまだ不十分です。2010年の年明け早々のハイチの大震災。あの現実は他人事ではありません。今年は「家具転倒防止」活動に力を入れて行く予定です。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »