最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 防災炊き出し訓練の成果と反省点 | トップページ | 防災炊き出し訓練を掲載いただいたブログ »

2009年10月17日 (土)

高知シティFMの防災番組に出演しました。

Scityfm_r

10月17日(土曜日)は高知シティFM「ハッシーと西やんの「ラジオでつなぐ防災フォーラム」のゲストとして、二葉町自主防災会情報班長である西村健一と中宝永町自主防災会会長黒岩博さんとで出演いたしました。

 主なテーマとしては、「自主防災会の連係」ということで、スタジオで話をいたしました。

 「今治・二葉町の交流防災訓練について」「下知地域防災会の広がり」が今回のテーマでした。

Syuroku_r_2 

橋本.10月11日に今治市の立花校区自主防災会と交流防災訓練を行われた様ですが、詳しい話しを教えて頂けますか?

西村 今治側も交流相手を探していたらしく、「二葉町防災新聞blog版」(注・現在は更新していません)を見られたようです。高知市役所危機管理室に紹介の打診があり、二葉町の役員に連絡がありました。

 それで下見に6月に来られていました。二葉町界隈と、訓練する青柳公園、種崎の津波避難施設や高知市危機管理室へも訪問しました。そのときに西田政雄さんも応対していただきました。特に種崎地域の防災会組織への橋渡しをしていただきました。

西田 今治からいろいろリクエストがありましたので、二葉町のまち歩きと、防災訓練予定地の青柳公園の地下に耐震貯水槽があるとか、行政関係者や種崎の施設とリーダーを紹介したりしました。

橋本 二葉町自主防災会は、その他にどの様な地域と交流を行われて居るのですか?

西村 昨年は西田政雄さんに橋渡しをしていただき、95年の阪神大震災で大きな被害を受けました神戸市長田区鷹取町内会との交流事業を行いました。二葉町からの参加者は大変参考になったとのことでした。その参加者に黒岩博さんも参加いただきました。

 今回の防災炊き出し訓練ではサーパス知寄町1の自主防災会や、黒岩さんの中宝永町自主防災会に声がけさせていただきました。

 個人的には南宝永町や農人町に町内の知り合いに声がけをしていますが、連携するにはいたっていません。

橋本 なかなか地域で参加者をつのることは難しいのでしょうか?

黒岩 そうです。声をかけてもなかなか皆さん体は動きませんね。

橋本 下知地域と言えば、新堀・昭和の2小学校区ですが、地域の自主防災会連係は進んで居るのでしょうか?

西村 残念ながら今はまったく進んでいません。今後の課題でしょうが、新堀校区の情報はまったく昭和へははいらないのでわかりません。
 また新堀が先行して昭和も真似した「あそぼうさい」は今年は昭和小学校はやらないようですね。

Asobousai08

黒岩 熱心だった前校長の前田さんが追手前小学校へ転校され、あちらで開催されていたようですし・・。

西田 やはり小学校はリーダーである校長先生や教頭先生の熱心さが支えですね。なかなか続かすのは、難しいですね。

橋本 新たに中宝永町でも自主防災会が設立されたと聞きましたが、活動は進んでいますか?

西村 中宝永町は黒岩博さんを中心に自主防災会は結成され、これからではないかと思っています。

Kuroiwa_r

黒岩 町内会費で、火災報知器を購入し、全所帯に交付する代わりに自主防災会の名簿を集めました。皆さん快く署名はしていただきました。そして市役所へも9月に中宝永町自主防災会結成届けを出しました。
 具体的な活動はこれからです。活動をしてくれる人が少ないので,見つけるのが今後の課題です。

橋本 まだ、下知地域は100%の結成では無いと聞いていますが、何か問題が有るのでしょうか?

西村 高知市内の都市構造の問題でしょう。スプロール化して旧市街地は「過疎・高齢化」しています。ですので町内会活動に担い手が高齢化しており、活発な事業はなかなか展開しにくいことは事実です。

 最近はマンションが増えてきていることも問題です。それと古く住んでいる人は高齢者が多く活動には無理があります。
 とりあえずは二葉町自主防災会、中宝永町自主防災会、サーパス知寄町1自主防災会との連携を考えます。相互の行事に参加を考えています。共同での防災訓練や講習会なども今後の課題になるでしょう。

橋本 問題と言えば、下知地域にもマンションが増えていますが、そうした住民達の参加も有るのでしょうか?

西村 先進事例はサーパス知寄町1です。4年前に結成され、真摯に活動をされておられます。

 二葉町内の常盤コーポとシティコア80とは連携しています。二葉町自主防災会のチラシも投函しています。何人か先日の炊き出し訓練には参加しておられました。

 二葉町にも新しいある会社のマンションができましたが、こちらは非協力的です。二葉町町内会とは絶縁状態です。

黒岩 うちの町内にあるマンションの所有者は協力的です。町内会費も負担していただいています。今後はマンションの住民の人たちの自主防災会への参加の呼びかけをしたいと思っています。

橋本 地域全体で、防災に対する取り組みが必要だと考えますが、どの様に行っていけば良いと考えますか?西田さんからコメントがあるようですが。

西田 来る南海地震では高知県でも1番ゆれがきつく被害が出るのは下知地域と想定されています。もともと0メートル地域であり、軟弱地盤。大地震では地盤沈下します。津波が来る前に防潮堤防が倒れ、海水が地域に侵入する可能性がありますし。

Shimozishinsui1 (1947年の「昭和南海地震」。下知地域は全地域が地盤沈下し浸水しました。)

西村 下知地域は二葉町も中宝永町も低地で軟弱地盤。しかも自然地形の高台も公共建築物で耐震化した建物はありません。

 ですので「共通の課題」は、種崎地域の津波避難センターのような耐震構造の収容型の施設が、宝永町の交差点をはさんで、東西南北に1かしょづつ合計4箇所は必要です。

 もちろんそれと「同時に民間のマンションや商業施設を「津波避難ビル」に指定し、所有者と自主防災会との協定で一時待避所にする必要性があります。

 また堀川水門も県が耐震化したそうですが、あそこの建物に防災備蓄倉庫にしていただきたいという要望を二葉町自主防災会は県に働きかけていくつもりです。

黒岩 こしらえたばかりの自主防災会です。活動はこれからです。近隣の自主防災会の活動に学びながら連携を深めて行きたいと思います。

橋本 みなさんどうもありがとうございました。

 高知シティFM「ハッシーと西やんの「ラジオでつなぐ防災フォーラム」での今回の収録の放送予定は10月22日(木曜日)午後6時25分から7時の予定です。

Hasimotonishida_r

橋本さん西田さんご多忙のところ、お招きいただきありがとうございました。

 問題点が整理できよかったです。

« 防災炊き出し訓練の成果と反省点 | トップページ | 防災炊き出し訓練を掲載いただいたブログ »

情報班」カテゴリの記事

防災啓発番組」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279285/31823108

この記事へのトラックバック一覧です: 高知シティFMの防災番組に出演しました。:

« 防災炊き出し訓練の成果と反省点 | トップページ | 防災炊き出し訓練を掲載いただいたブログ »