最近のトラックバック

カテゴリー

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

2020年2月21日 (金)

二葉町防災まち歩き

 2020年2月20日(木曜日)でしたが、NHK「四国羅針盤」(3月13日放映予定)の番組の二葉町での「防災まち歩き」収録が行われました。午前10時に二葉町の西森酒店に集合しました。来られた町内メンバーは楠瀬繁三さん(二葉町町内会長)、荒木三芳さん(二葉町町内会副会長)、西森俊一さん(二葉町町内会前会長)、長野貞孝さん(元自動車修理工場経営)、西村健一(二葉町自主防災会事務局長)が参加しました。
nisimorisann1
 NHK高知放送局の放送部制作ディレクター 伊藤亜寿佳さんと放送部記者 西浦明彦さんが午前10時に二葉町の西森酒店店舗に表れ事前打ち合わせをしました。まずは西森さんが何故地区避難ビル(二葉町単独指定の津波一時避難(待機)場所)として協力なさった理由について聞くことになりました。」

 テレビカメラマンが松山から到着したのが10時40分頃。それから撮影スタートです。西森酒店を二葉町の住民が訪ねていく場面を撮影。続いて西森俊一さんと西浦記者とのやり取りがありました。そのあと西森さんのビルの階上へ。2階には食料と飲料水の備蓄倉庫があるご紹介をされていました。

 屋上にはLPガス発電機もあり、野菜も栽培されています。広い空間があり40人程度は避難できます。西森俊一さんは地域に対する想いと、二葉町の特色について詳しく語られました。

 その後は二葉町の町内の南側の長野貞孝さんの自宅を訪問しました。長野さんの防災への想いを取材されていました。すぐ前にある地区避難ビルであるコーポシーロードに皆で登りました。5階に防災備品を置いてある場所があります。
nagano2
 屋上からの景色を撮影し、長野さんに地区避難ビルのありかたについて取材されていました。

 長野さんへの取材が終わりますと、楠瀬繁三二葉町町内会長は、仕事のために退出されました。荒木三芳二葉町町内会副会長と町内の「二葉町防災マップ」を貼り付けている掲示板を撮影したり、消火栓取り付けホースや液体消火器を配備している場所を確認しました。
「二葉町防災MAP2013年
 続いて下知コミュニュティ・センターへ行きました。屋上へ上がりました。西村健一下知コミュニュティ・センター運営委員会防災部長が説明しました。5階ではデジタル式の放送設備を確認。国際信号旗掲揚ポールを確認しました。屋上ではLPガス災害時ユニットの説明と、調理用具、防災備品を説明しました。

 4階へ降りますと2000Lの飲料水タンクを説明しました。4階防災倉庫には、衛生用品(手洗い用アルコール・マスク)等。近視や遠視の度に合う眼鏡や、助産キッド、粉ミルク、おむつや寄贈されたタオルやひざ掛け、食器、スプーンなどが在庫してあることを説明しました。

 また4階の多目的室には、高知市災害対策本部に繋がる防災行政無線装置があります。これは下知コミュニュティ・センター周辺の被害状況や、支援要請などをするための大事な装置です。

 3階北側ベランダには、1人乗りシーカヤックが置かれています。これは周囲が長期浸水状態になった場合、在宅避難されている3階建て以上の建物の人達の安否確認や情報収集に水面を移動するための連絡用の目的で使用します。

 NHK側の質問もあちらこちらへ飛び、こちら側が伝えたい意向とは、かなりずれるので、正直対応には苦労しました。午前10時から午後15時半頃まで拘束され、正直疲れました。取材対応にはエネルギーを使いますね。

 今回の「四国羅針盤」いつもは30分番組らしいですが、今回は47分番組だそうです。3回にわたって二葉町編を取材されましたが、実際の番組の登場する時間は数分あるかないかであると思います。取材対応しながらでしたので、5時間半もNHKスタッフと一緒にいながら写真が撮れたのは僅か数枚ですね。

2020年2月20日 (木)

下知地区中小零細企業BCP研究会(仮称)メンバーが意見交換しました。


被災中小企業支援ハンドブック_NEW
 2020年2月17日(月)ですが、高知市下知地区の3社(鍵本飲料(株)に石川悦子さん、(有)西川写真の西川義章さん、(株)エヌシー商会の西村健一)が高知県庁を訪ねました。繋いでいただきましたのは、地元下知地区の県議会議員である坂本茂雄さんでした。
事業継続力強化認定制度1
 応対していただきましたのは。高知県商工労働部経営支援課課長山本儀嗣さん、課長補佐の岡村忠純さん、主事の西岡愛莉さんでした。

 資料もいただきました。「中小企業庁 被災中小企業支援策ガイドブック 高知県(第8・2版)」「中小企業庁 事業継続力強化計画認定制度のご案内」「グループ補助金の概要」「復興事例集 平成30年7月豪雨災害からの復興に向けて 四国経済産業局 愛媛県」「高知県 事業継続強化計画認定企業一覧表」などをいただきました。
事業継続力強化認定制度3
 具体的には1昨年の西日本豪雨災害(愛媛県大洲市)の商店主たちの復興の手助けをなさった西岡愛莉さんから具体的な事例の説明がありました。実務で支援活動なさっているだけにとても具体的で理解できました。3社の下知地区のオーナー経営者たちも背筋を伸ばして慎重に傾聴していました。

 大規模災害(地震・津波・台風災害・洪水)などで国が該当地域を「激甚災害」に指定した場合に、国から中小零細企業にも支援する制度が発足します。その諸制度については経済産業省と中小企業庁が担当し、実施するようです。
事業継続力強化認定制度2
 「グループ補助金制度」もその1つであり、中小零細企業は、必要資金の4分の3を国と県が補助する制度です。東日本大震災(2011年)から始まった制度であり、熊本地震(2016年)、西日本豪雨(2018年)、台風19号災害(2019年)に実施しています。制度や融資の形態がその都度変化しています。
グループ補助金制度_NEW
 大災害後に国が激甚災害を当該地区に指定すれば、企業グループをこしらえていれば、手厚い支援は受けられそうですが、それだけの支援があっても事前対策をきちんとしていなければ、災害後の企業再建はできないと思いました。

 それは「得意先の確保」「業務提携先の確保」「災害保険への加盟」「資金の確保」「取引先のご理解」「取引銀行のご理解」が必要であるという事がわかりました。

 ここで注目すべきは高知県に既に「事業継続強化計画認定企業」が昨年12月末時点で43社あることです。業種業態は多様ですが、すでに中小零細企業で事業継続の手を打っている会社が多くあることに心付けられました。

 なんとか今年私も挑戦します。そして下知地区で「中小零細企業事業再生(BCP)研究会」を創立し、具体的な活動、研究会をしていきたいと真底思いました。南海トラフ地震で死にたくないし、会社も存続させていきたい一心です。

2020年2月19日 (水)

二葉町現地収録進行中。


DSCN5905
3月13日(金)放送予定のNHK「四国羅針盤」。今回は市街地が地震後浸水する徳島市と高知市が取材対象。
高知市下知地区では丸池町と二葉町にテレビクルーがはいりました。今日は二葉町の取材です。寒い中二葉町の住民各位が記者の質問に的確に答えていました。

2020年2月18日 (火)

危機管理意識がまるでない安倍内閣

 クルーズ船を横浜港に係留した状態で、どんどん新型コロナウィルス肺炎の感染者が増加し、結果的に国際的な信用を日本国は失いました。アメリカのチャーター機が飛んできて、自国の乗客数百人をすべて帰国されました。

 カナダやオーストラリア、、イタリヤ、台湾などはチャーター機を日本に飛ばし、自国民を「救う」ためにチャーター機が乗り組んでくる映像が連日見ていますと、いよいよ日本国に「お終い」ではないかと思いますね。

 対応が常に遅い。常に後手に回っていますね。もはや「災害」と同じであると認識し対応すべきです。

 中国で感染者が現れ始めた時期において、安倍内閣は「インバウンド観光」や、「IR](賭博法案)こそが「成長戦略」と的外れの経済振興策に執着し、初期対応が全く不十分でした。

 ここへきて日本は「中国に次ぐ第2の感染国」となりました。全世界が認めました。まもなく「日本人の入国禁止措置」が各国が出すでしょう。本当に情けない。

 無能な政府のおかげで、日本国の価値は暴落しました。

2020年2月17日 (月)

雨の中1日夜須にいました。


DSCN5896
 昨日から1日雨。朝9時からはNPO法人YASU海の駅クラブで、「救命講習会」を受講しました。海の駅クラブの田中さんが講師。救命士(だったかな)の資格を取得されたとか。3時間みっちりの講習会でした。

 7年前に防災士の資格を取得した時に、日赤の救命講習会を受講していた時以来でした。ほとんど忘れていましたね。

「胸骨圧迫は大事。人工呼吸より大事です。AEDも躊躇なく使えるようにしましょう。」とのことで、3時間みっちりしました。高知大学ヨット部の学生たちや、ジュニアヨットクラブの2に人も参加。私が最年長受講者でした。

 受講して良かったです。3年ぐらいに1回は受講すべきであると思いました。
DSCN5898DSCN5901
 昼食を訪のおむすびと卵焼きを食べ、午後からはYASU海の駅クラブにお願いしてありましたSUP体験をしました。まるで初体験です。座ることで精いっぱい。時折立ち上がりますが、30秒ぐらいが精一杯でした。情けない。

 南海トラフ地震で地盤沈下して下知地区は長期浸水します。私などは在宅雛者になるでしょう。連絡用にウィンドサーフィンのボードに立ち漕ぎして地域を巡回できればと思いました。ところがSUPに立つことがほとんどできない。

 ご一緒した大崎修二さんは簡単にSUPに立ち、すいすいと乗られていました。SUP体験の写真はありません。

 まして幅の狭いウィンドサーフィンのボードの上に立つことは、今の私では不可能。座るだけで精一杯でした。

雨の中のSUP体験が終わり、かつて高知大学ヨット部のサポート船として活躍していた「南風」を高知市丸池町に移動するのを手伝っていただきました高知大学ヨット部のメンバ-3人とOBでYASU海の駅クラブ事務局長の井土さんも「四国羅針盤」の取材対応をしていただきました。

 SUPはヨットとは使う筋肉が違いました。明日は足が筋肉痛になりますね。

2020年2月16日 (日)

超高齢者の健康維持こそが事前防災対策の1つです。

小雨のなかはりまや橋サロンへ行きました。


 


 2020年2月14日ですが、母(94歳)と一緒にはりまや橋商店街サロンへ行きました。歩行補助車を積み込み、出ようとすると小雨に。慌てて長靴に履き替え、合羽を用意しました。
母・コロッケ屋
 おかげでロスタイム。活き活き100歳体操は午後2時からスタート。到着したのは5分前でした。いつものコロッケ屋さんでビーフコロッケを購入しました。


 


 谷ひろ子さんのお店で、チーズケーキとシフォンケーキを購入しました。今日の活き活き100歳体操は、雨にたたられたのか母を入れて8人でした。
DSCN5854
 体操が終わってから体操をご指導いただいている大塚理恵子さんにお話をしました。


 


「今日はお母さんはお元気でした。手を使わず椅子からの立ち上がり運動を20回を2セット出来ました。夏頃は10回が限界でした。」
DSCN5849
 私は「母は2階で1人でいるときに、家内がYouTubeで介護予防体操の動画を母に見せています。動作を真似してします。30分ぐらいはやりますが、それ以上は無理のようです。」と言いました。


 


 大塚さんは「動作が真似できることは良いリハビリですね。それができるうちは認知症の進行が押さえられます。重度になればできなくなります。」と言われました。


 


 帰り際に「活き活き100歳体操応援団長」の細川ふみさんにお会いしました。「寒いのに元気で来ゆうね。偉いね。」と言われました。母は満面の笑顔で応えていました。


 


 帰り際雨が上がり、晴れ間が出ていました。日曜日(16日)は天気であってほしい。初めてのSUP体験を夜須でやりますので。
宝永町歩道橋
 宝永町歩道橋。南側の階段の位置が変更になっていました。


 


 


 戻ってきますと机の上にチョコレートがありました。今日はバレンタインデーだそうです。最近は家内も娘もくれないので忘れていました。
DSCN5860
 道の駅やすでうちのひな人形を飾っていただいた女性スタッフの人が今日がお休みで、わざわざ持ってこいていただきました。恐れ多いことです。私は「甘党」なので素直に嬉しいです。
DSCN5827

2020年2月15日 (土)

二葉町町内会・資源・不燃物仕分けステーション

DSCN5842
2020年2月14日(金)は、二葉町町内会(楠瀬繁三会長)の月に一度の資源・不燃物仕分けステーションです。
DSCN5845
荒木三芳二葉町町内会副会長(衛生委員)の指揮のもと、町内会16の班の班長さんたちが手際よく仕分けの指示をしています。
DSCN5844
月に一度町民同士が出合い会話する町内会の資源・仕分けステーションは地域コミュニュティにとりまして大事な行事であることがわかります。
DSCN5843

2020年2月14日 (金)

全市課題の下水対策

高知新聞声・広場214_NEW
ようやく高知新聞の読者投稿欄の「声・ひろば」に掲載されました。

「全市課題の下水問題」です。

2月15日(土曜日9午後18時より

高知市下知コミュニュティ・センター4階多目的室で開催。

講師は村山和彦さん(技術士)です。

2020年2月13日 (木)

健康維持活動をしました。減災活動も心身の健康が不可欠です。

1日海に浮かんでいました
DSCN5823
 2020年2月11日(火曜日)。祝日で業務はお休み。家人の許しが出ましたので、朝から夜須へ行きました。ほぼ1か月ぶりです。今日は移動性高気圧に覆われ、「温厚な」お天気なので.下手くそな年寄りでも海の散帆が出来ます。
DSCN5818
 早速ぎ装(ヨットの組みたて)をして出艇しました。しかしぎ装が甘く、海へ出てタック(風上側へ方向転換)したとたんにブームバンクが外れました。沖から海へ戻り(海の上では治せないので、砂浜へ着艇し直しました。やれやれです。
DSCN5804
 風はそれほど強くはなかったですが波がなかったので、赤岡沖まで行けました。今日は高知大学ヨット部の2回生3人と、ジュニアヨットクラブの2人が出ていました。全部シングルハンド艇でした。あとから社会人のYさんが出てきました。
DSCN5818
 お天気も良く最高のセーリングが出来ました。赤装束のドライスーツにも慣れました。海の上では目立つほうがいいですから。

 お昼は1度上がりお昼を食べて、午後からも海へ出ました。おかげで首肩の凝りがほぐれました。理想を言えば、週に1回海へ出るこちが出来れば、「ストレス・フリー」になれますね。健康にもなれますし。そういう生活を送りたいものです。


雛人形に対面しました。

 1月20日頃に、うちの雛人形を道の駅やすにもっていっていました。2月2日から道の駅やすのホールで展示DSCN5834されています。

 セーリングが終わって片付けした後に、雛人形を見に行きました。6年ほど前から道の駅やすの女性スタッフの発案で始まりました。人形だけでなく、着物や、工作品なども展示されています。癒されますね。
DSCN5827
 なんだかどの雛人形もホールにいるとのびのびとした表情になっています。

 うちは狭い納戸に押し込まれていますから。年に2か月は外に出されてのんびりしています。
DSCN5830
 聞きますと女性スタッフ4人で1日がかりで展示したようです。

2020年2月12日 (水)

「入明立体交差防護柵塗装工事住民説明会」


会場
 2020年2月9日(日)ですが、高知市江ノ口コミュニュティ・センターにて入明立体交差側道の住民説明会が、高知市道路整備課(谷沿新也課長)主催により行われました。北部環状線と高知駅前道路―大津バイパスを南北に結ぶ交通量の多い大事な道路です。
PCBの説明
 建設されてから50年近く経過し(昭和46年頃建設)、、側道の鉄製の防護柵の塗装が劣化し。錆びや、旧塗膜の剥離も著しいので、このたび高知市は全面的に旧塗膜を剥離剤で剥離し、防錆塗装工事を施工するとのことで説明をされていました。
剥離方法
 問題は50年前に塗装された塗料が塩化ゴム系の塗料であることで、低濃度のPCB(ポリ塩化ビフェニール)が含有されているために、通常の鉄構造物の錆落とし作業(ブラスト処理工法やディスクサンダー工法では塗膜が粉々になり、周辺に学校や病院、住宅が多いことからできません。

 それで市役所側の説明では、「現在塗装されている塩化ゴム塗料のなかに現有されている低濃度PCBを現場で完全に回収するために、釣り足場と作業現場周りを完全養生し、剥離剤を旧塗膜に刷毛やローラーで塗こんで、柔らかくなった時点で、完全に剥離し、回収します。」

 「回収した旧塗膜はドラム缶に入れすみやかに低濃度BCP処理施設に運搬します。」

「旧塗膜を完全に回収後、素地調整を行い、防食下地塗装、下塗り、中塗り、上塗りと仕上げます。」
塗装方法
「予定では3月末に業者を選定、4月から着工します。4工区に分け、
釣足場を仮設し、6月から9月まで旧塗膜剥離作業と回収作業。並行して鋼材部分補強作業をします。

 9月から来年2月まで、防錆塗装作業を行います。3月に足場を撤去し工事は終了します。」とのことでした。
質疑応答
 参加した住民・関係者は10人でした。意見が出されました。

「既に50年経過した鉄柵だが、今回の改修工事(塗膜剥離・回収・防災塗装工事で本当にあと20年間は持つのか?」

「鉄柵を撤去し、新たに設置する工法でも25年しかもたないとのこと。本当にそうなのか?」

「PCBは低濃度と言え有害物質。現場剥離・回収作業で大丈夫なのか?鉄柵ごと回収し、県外の処理場で回収すべきではないか。」

「説明にはおおむね納得はしましたが、持ち帰りの資料もないのは、町内での説明に困ります。資料があるべき。」

「設置から50年後の全面改修ではなく、20年目ぐらいから改修工事をすべきでした。」

 との意見が出ました。午前11時過ぎに散会しました。

 傍聴していましたが、市側の説明は丁重であり概ね賛同できます。ただ参加者各位に紙の説明資料(工法や工事の概要など)は必要であるとは思いました。

«中土佐町の防災まち歩きをしてみました。  その3 久礼小学校 津波避難場所